2014/09/06

ブルーライトカットフィルムのスマホ用ってあるの?

ブルーライトカットフィルム
ブルーライトといえば、疲れ目やドライアイなどの

原因としてよく知られています。

パソコンやスマホなどから出るブルーライトですが

これらの電子機器は私達の生活に欠かせないものです。

そこでブルーライトと上手に付き合っていくための対策を調べてみました。

スポンサードリンク

ブルーライトって何?

ブルーライトとは

ブルーライトとは可視光線の一種でパソコンやスマホなどの液晶画面から強く発光しています。

もともと自然界に存在する光ですが、液晶画面から発行された光は直接網膜まで届いてしまいます。

画面からの距離が近いためです。

これが、疲れ目などの眼精疲労につながるようです。

最近ではスマホの普及により職場だけでなくプライベートでも液晶画面を見ることが多くなってきていると思います。

寝る前にメールチェックしたり、気になることを検索したりなどの行為は

もはや現代人にとって当たり前のものとなっていると思いますが。

実はこの行為が私達の睡眠に影響を与えているようです。

夜になると分泌されるメラトニンというホルモンが睡眠と関係があるのですが、

ブルーライトによって刺激を受けると脳が昼間と勘違いしてしまい、

このホルモンの分泌が抑制されてしまいます。

これが、寝付きの悪さや浅い眠りを引き起こしてるんですね。

管理人も寝る前によくスマホをいじるのですが、なかなか寝付けないことがよくあります。

ブルーライトはカットできる?

スマホなしでは生活できない!

けど、ブルーライトは気になる・・

そんな人ためにブルーライトをカットするグッズがいくつか販売されていますね。

メガネが一番有名なんじゃないでしょうか?

でも、メガネなんて普段かけないし、なんだか目の周りが気になる・・

っていう場合は、ブルーライトカットフィルムはどうでしょう?

ブルーライトカットメガネと違って、フィルムを液晶画面に直接貼るものなので、

メガネをかけた時のストレスを感じることなく、スマホを使用できます。

フィルムのサイズは?

パソコンやiPadなど液晶画面のサイズは様々です。

特に、スマホはiPhoneとそのほかのもので液晶のサイズがバラバラなので

自分が持ってる画面のサイズとフィルムのサイズが合うかどうか心配です。

気になって調べてみると、たくさんありました。

パソコンの画面用のものや、タブレット用のもの、

スマホ用ではそれぞれの画面のサイズに合わせたブルーライトカットフィルムが販売されていました。

中には、画面に合わせて切って貼るタイプのフィルムもあります。

ネットで自分のスマホの画面のサイズを検索すれば、それに合うフィルムはすぐに見つかりますし、

電気屋さんでも売っているので、直接目で見てサイズを確認することもできます。

気になる値段の方は、安いもので500円からあるようです。

ブルーライトのカット率は40%なので、結構カットしてくれますね。

まとめ

睡眠前のスマホいじりは習慣化していますが、ブルーライトの影響で睡眠に障害が出てしまう。

その対策として、フィルムを紹介しましたが、メガネと違って貼るだけなので

はがさなければ、ずっと光をカットしてくれます。

メガネに抵抗がある人は是非試してみてはどうでしょうか?