2014/09/06

ブルーライトの影響で睡眠障害?寝る前の2つの対策

ブルーライト ヨコハマ

ブルーライトといえば最近身体に影響があると

話題になっていますが、そもそもブルーライトって

どんなものなんでしょうか?

ブルーライトが睡眠に与える影響

合わせてまとめてみました。

スポンサードリンク

みなさんはスマホ持ってますか?

ここ数年前からのスマホの普及により、持ってる人の数は増加傾向にあると思います。

街中でも歩きながら、もしくは電車の中でなどスマホをいじってる人をよく見かけます。

職場では書類作りなどで一日中パソコン画面とにらめっこで、

プライベートでもブルーライトを浴びる時間が増えていることで私たちの睡眠に影響が‥

ブルーライトってどんな光なの?

ブルーライトとは

そもそもブルーライトとは、青い光のことで目に見える可視光線の中で波長の短い光のことだそうです。

また、持っているエネルギーも可視光線の中では最も強いようです。

パソコンやスマホから出ている光というイメージが強いですが、

太陽光の中にも含まれており、自然界に存在するみたいです。

太陽光から発せられたブルーライトは、空気中で散乱して人間の目に直接届くことはないですが、

パソコンやスマホといった電子機器の場合、目との距離が近いため、光が直接目に入ってしまいます。

このため、網膜に直接届いてしまい、眼精疲労や頭痛、疲れ目といった症状を引き起こします。

スマホの普及によってブルーライトを浴びる時間が増えるわけですから、

目への影響は相当なものになると考えられますね。

睡眠に与える影響は?

メラトニン

人間が眠くなる時のメカニズムとして、夜暗くなるとホルモンの「メラトニン」が分泌されて私達は眠りにつきます。

夜、スマホの画面などからブルーライトの刺激を目が受けると、メラトニンの分泌が抑制されてしまい、

睡眠に影響が出てしまうようです。

スマホは非常に便利で、いつでもどこでも知りたい情報を得ることができますから、

ベッドに入って寝る前にスマホを見るというのは日常的な事なんじゃないでしょうか?

しかし、これを続けていると、眠たくても眠れなかったり、不眠症のような症状が出てきて

ひどい場合だと睡眠薬に頼らなければいけないなんて影響も出てしまうと思います。

気になる実験結果

ある実験で、2つのグループのうち、片方は寝る前にブルーライトをカットせずスマホの画面を見てもらい、

もう片方はブルーライトをカットして同様のことをやってもらった場合、

寝付きの良さや夜中に目覚める回数などに差が出たという実験結果があるようです。

さらには、午前中の活動状況にも影響が出ていたようなんです。

寝ながらスマホはけっこう管理人もやったりしますが、睡眠に影響が出るとは思ってませんでした。

寝る前って、交感神経が副交感神経に切り替わることで脳が安らいで眠りに落ちるわけですが、

メールチェックや気になることを検索したりして、脳を刺激してしまって、

交感神経が切り替わらずになんか寝付けない‥

ブルーライトの影響でさらに寝つきが悪くなって、夜中も目覚めることが多くなる‥

悪循環ですね(-。-;

睡眠障害を防ぐ2つの対策方法

時間を決めてスマホを使う

寝る前にスマホを見るとブルーライトが目を刺激してメラトニンの分泌を妨げるわけですから、

睡眠の何時間前はスマホを使わない!なんて自分で決めて眠りに影響が出るのを防ぐのがいいかもしれませんね。

仕事でパソコンを使用しているなら、疲れ目になったかなと感じてるはず。

さらに家でもブルーライトを浴びると目への負担が大きくなりますし、

ネットを検索してたら睡眠時間も少なくなって悪循環に陥ってしまいます。

自分で使用のルールを決めてブルーライトによる睡眠への影響を軽くして、心地よい眠りにつきたいですね!

モニターのバックライトを弱める

パソコンやスマホなどの電子機器には画面の明るさを調整する機能がついているはず。

明るさを調整することでブルーライトの影響を少しでも軽くして、疲れ目を解消しましょう。

まとめ

ここまでブルーライトによる睡眠への影響についてお話してきましたが、

もともと自然界に存在する光なので身体に悪いわけではないようです。

ブルーライトがメラトニンを抑制して身体を起こしてくれるようなので

逆に仕事や受験勉強など、集中したいって時にはいいのかもしれません。

ただ、過剰に光を浴びすぎてしまうと、睡眠に影響が出てしまったりと、

私達の負担となってしまうので、自分なりに工夫してブルーライトと上手に付き合いたいですね。