2018/06/04

夏休みの自由研究のまとめ方にお悩みの方はコチラ!

夏休みといえば自由研究はつきものです。
いくら長い休みといえど時間は限られているので、効率的に終わらせて自分の時間を有意義に使いたいものです。
でも、どうまとめていいかわからなくてただただ時間だけが過ぎていく、なんてことないですか?
今回は、そんなあなたのために自由研究のまとめ方についてアドバイスです。

スポンサードリンク

まずは自由研究のテーマ決め

自由研究を進めるための始めの一歩になるのがテーマ決めです。
コレが決まらないとなにを調べていったらいいかもわかりません。
そうは言ってもなかなか決められないのがテーマですよね。
どうやったら決まるのでしょうか?

そんなあなたにお勧めしたいのが問題意識を持つことです。
簡単に言うと、日常生活で触れる全ての事柄に対して疑問を持つことです。
たとえば、サイコロの出る目の確率は本当に1/6なのか、といった感じです。
ある事象に対して本当にそうなのか、なぜそうなるのか、あるいはそうならないためにはどうするか、など「なぜ」を繰り返してみましょう。
そうすれば意外と身近にテーマが転がってるかもしれませんよ。
このやり方で出てきた「問い」は後々自由研究をまとめるために重要なので忘れないようにしてください。

また、テーマを決める際に他に着意する事項としては、なるべく具体的にするということです。
自由研究でやろうとしていることが、あまりに広い範囲のものだと夏休みの間にまとめきることができなくなってしまいます。
限られた夏休みを有効に使うためにも具体的にするというのは大事です。
やり方としては、例えば研究対象を人間とするのであれば、日本人、東京出身、渋谷出身といった感じで絞っていく事で具体性が出てきて、研究範囲も狭くなり調べるのが楽になっていくはずです。

ここまでやれば何も考えずに自由研究を進めるよりは大分負担が小さくなるかと思いますが、もっと効率的にやりたくありませんか?
そんなあなたにお勧めしたい方法が仮説検証型のやり方です。

なぜ仮設検証型を勧めるのか

先ほど限られた夏休みで効率的にまとめる方法として、テーマを具体的にするというお話をしました。
これによって研究範囲を限定できるので、まとめる作業も楽になるはずです。
このまとめる作業の前に待っているのが調べる作業です。
仮説検証型を取り入れることでその作業を効率的にすることができます。

どういうことかというと、その名前のとおり、自分で仮説をたててそれを検証していくことで、自分の仮説が正しいのか、それとも間違っているのか、間違っているのなら違う仮設が成り立つのかといったように、仮説に沿って何をどういう方法で調べるかが明らかになっていきます。
また、研究をまとめたときにこの方法だと読み応えも出てきて、普通に書いたものよりも面白みも出てきます。

どんな仮説を立てればいいか、具体例を挙げるとすると、先ほど問いとしてサイコロの目の確率のお話をしましたが、「100回サイコロを振ると確率は1/6に収束する」というのが仮設になります。

どうでしょうか?
何をどう調べるか、明確になったと思いませんか?
こうすることで、あとはサイコロを100回振ればいいわけです。
それで確率が収束すれば、それで自由研究をまとめる作業に入ればいいわけですし、仮に収束しなかったとしても次の仮説をたてて、調べればいいわけです。
例えば、「1000回で確率は収束する」といった感じです。

仮説検証型についてまとめると、始めにある仮説を立てます。
次にその仮説を成り立たせるためには何を調べればいいかを明らかにします。
調べた結果、仮説が成り立てば調査は終了、だめなら仮説を修正して再度調べます。
これで、面倒な調査も効率的になって読み応えのある自由研究にまとめることができます。

さあ、調査も終わってあとはまとめるだけです。
ここまでくれば自分がやった研究を文章にするだけなのでもうひと踏ん張りです。

えっ、まとめ方がわからない?

わかりました。そんなあなただけにまとめ方のテンプレを教えましょう。

まとめ方のテンプレはコレ

ここまででテーマから自由研究の進め方についてお話してきました。
まとめ方については基本的にその順序で文章にするだけです。
以下にその項目を起こしておきます。

  • 自由研究のテーマ
  • そのテーマを選んだ理由・問いについて
    (なぜその研究をしようと思ったか)
  • テーマの検証方法
    (仮説とその検証について)
  • 検証結果
    (実際にやった結果と仮説があってるかどうか)
  • 結 論
    (言いたいことを簡潔にまとめる)
  • こんな感じです。
    これできれいに結果をまとめられると思います。
    ここで紹介したものは一例なので、ここは修正したほうが書きやすいというのがあれば自分なりにアレンジしてみましょう。

    さいごに

    いかがでしたか。
    自由研究のまとめ方について疑問は解決できましたか。
    もし、まだ疑問があるという方はコメント欄からでも良いのでどんどん聞いてください。
    この記事が良い自由研究の一助になれば幸いです。