父の日はいつ?母の日は?実際に喜んでもらえたプレゼントはコレ!

公開日:  最終更新日:2014/09/06

もうすぐ父の日ですが、

みなさんは、ちゃんと父の日がいつか知ってますか?

 

 

知らないあなたのために調べましたよ!

私が、実際にあげたプレゼントについても紹介しちゃいます!

 

スポンサードリンク


 

 

父の日っていつだったっけ?

 

6月といえば、父の日がありますが、

毎年6月の第3日曜日は父の日と定められているようです。

ちなみに父の日といえば母の日ですが、母の日がいつかというと毎年5月の第2日曜日のようです。

 

なんで、第3日曜日なんでしょうか?

 

気になって検索してみたら、ありました!!

 

父の日の由来は?

どうやら、母の日が先にできたあとで父の日が定められたようです。

 

 

アメリカのワシントン州に住むジョン・ブルース・ドット婦人の提唱による。

彼女の父ウィリアム・ジャクソン・スマートは妻に先立たれ、ドット婦人ら6人兄弟を男手一つで育て上げた。

そんな父に育てられた彼女は「母の日」の存在を知り、父に感謝する日も必要であると、

1909年6月19日(第3日曜日)に制定することを提唱。

その後、この行事は各地へ広まり、1916年にはアメリカ全土で行われるようになった。

 

出典:語源由来辞典

 

もともとはアメリカで始まったんですね。

日本にはどうやら1950年ごろ広まり始めて、1980年代に一般的になったみたいです。

 

クリスマスやハロウィンなんかもそうですが、

アメリカの文化の影響を受けている日本のイベントごとは多いですね!

 

 

父の日のプレゼントで喜んでもらうには?

そんな感じで広まった父の日ですが、

せっかくだから、お父さんに日ごろの感謝の気持ちを伝えたいですよね?

 

日ごろ、家族のためにがんばってくれているお父さんだからこそ、そーゆー思いがあります。

 

感謝の気持ちを伝えるための方法として、

プレゼントをあげるというのが一番わかりやすい方法だと思いますが、

喜んでもらうにはどんなものをあげたらいいか迷ってしまいますよね?

 

ちなみに、父の日のプレゼントランキングの売れ筋を調べてみたんですが、そのランキングがこれです。

dai3i「財布、腕時計などの小物」

 

 

dai2i「グルメギフト」

 

 

dai1i「お酒」

 

 

どうやら、食べ物系のプレゼントが多く売れているみたいです。

おいしいものを食べて、また次の日から家族のためにがんばろうって思ってくれるかもしれませんね。

 

 

このようなランキングからプレゼントを選んでもいいですが、

それだとほかの人たちとあまり変わらないプレゼントになっちゃいます。

自分オリジナルのプレゼントをどうせならあげたいですよね?

 

 

そんなあなたに、私が実際にプレゼントして喜んでもらえたものを紹介しちゃいます!

 

 

実際に喜んでもらったプレゼントはコレ!

これは私が小学生の1年生のときの話ですが、

そのとき、あるプレセントを自分の親に渡したんです。

 

それがメッセージカードだったんですが、

このカードを20年以上たった今でも大事にとってたんです。

 

すごい驚きました!

だって、セロハンテープの束に入ってた単なる厚紙に書いただけのを大事にとってたんですから!

 

セロハンテープ 厚紙
 

この体験から思ったのは、自分の気持ちを一生懸命文章にして書いたものは

とても喜んでもらえるもんだなぁということです。

 

それが自分の子供からもらったものとくれば、その喜びは格別なものなんでしょうね!

 

今年の父の日は、売れ筋ランキングの上位にもランクインしてましたが、

おいしいものを一緒に食べながら、普段言えないような感謝の気持ちをメッセージカードにしてみて

サプライズで渡すのもいいかもしれませんね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

あなたの参考になればいいなと思って、自分の体験をもとにプレゼントを紹介しましたが、

6月の第3日曜日までどんなプレゼントにするか、じっくり考えるきっかけになってもらえたらうれしいです。

 

参考になったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑