2014/09/06

トマトで花粉症対策!トマトジュースがトマトよりも花粉症に効く理由

トマト 花粉症

これから春に向けてつらい花粉症の季節です。

外に出る時や家での花粉症対策は進んでいますか?

花粉症の辛い症状を軽減するためには食べ物もどうやら効果的みたいです。

その食べ物とはトマトです。

あれっ?トマトって花粉症を悪化させるんじゃ‥

スポンサードリンク

毎年2~4月は花粉が飛散するシーズンで花粉症の人にとっては辛い時期です。

花粉が飛散する日の気象条件として、気温が高い、風が強いなどいろいろありますが、

厳しい寒さが一転して暖かい日が数日続くと花粉が大量に飛散してしまうようです。

花粉が大量に飛んでいる中の外出なんて想像しただけでも恐ろしいので

天気予報には十分注意して花粉注意報が出ているようなら外に出るのを控えるなどして

花粉症対策をしっかりしたいものですね。

花粉症対策 外出時

食べ物で花粉症対策

花粉症にトマトがNGというのはよく知られていると思います。

理由としてはトマトに含まれているヒスタミン

花粉症の症状であるくしゃみ・鼻水・鼻づまりを引き起こすかららしいです。

トマトジュース 花粉症
しかしながら、よくよく調べているとトマトジュースが花粉症に効く

という話が見つかりました。

でも、トマトジュースってトマトからできてるのになんで花粉症に効くんでしょう?

トマトとトマトジュースの違い

違いはズバリ、リコピンの量みたいなんですが、

生食用のトマトに比べて加工用のトマトは3倍多くリコピンを含んでいるようらしいです。

同じトマトでなぜこんなに違うのかについては、栽培方法にあって

太陽の光をいっぱいに浴びて育った真っ赤な加工用トマトはリコピンをたくさん含んでいるんです。

トマトジュースの真っ赤な色は着色料ではなくリコピンの赤色だったんですね!

img02

もうひとつのキーワード、ナリンゲニンカルコン

ナリンゲニンカルコンって何?って感じですが、どうやらヒスタミンの働きを抑える効果があるようです。

ナリンゲニンカルコンという成分はトマトの実の部分でなく、皮に多く含まれてらしく、

トマトジュースなどの加工されたトマト食品は

皮をまるごと使用するのでこの成分をより効率的に摂取できるんですね。

以上の理由から継続的にトマトジュースを飲んでいると花粉症の症状が軽くなるってわけです。

今年の春はトマトジュースで辛い花粉症の時期を乗り越えてみてはどうでしょう?